「夢野団地1号館」大規模改修工事レポート 第1回

着工までにも、いろんな準備があるんですよ。

神戸市兵庫区の夢野団地1号館は地上14階建て437戸の大規模な物件だけに、工期は2017年3月末までと長期間にわたる予定です。
そんな大規模な工事をスムーズに行うためにも事前準備は重要です。
今回は、着工に向けてどのような準備をしていったかをご紹介します。

工事契約から準備はスタートしました

竣工後43年を経ている夢野団地1号館は、過去に3回、大規模改修工事を行っています。神鋼興産建設は前回の大規模改修工事と、その後の屋上防水・給排水管工事を行っており、それらの実績で信頼をいただき今回に繋がったと考えています。これまでの工事と大きく違うのは、全戸のサッシと玄関扉の交換です。経年劣化によるコンクリートの収縮・膨張で、サッシや玄関扉のガタつきが発生していた為、通常工事に加えてそれらの交換も行います。
また、居住者様には、管理組合様とは別に修繕委員を選出していただき、長期に渡る大規模工事の体制を整えていただきました。
工事契約後は、省エネ住宅ポイントの申請と近隣へのご挨拶などを行い、その後の準備へと進んでいきました。

夢野団地1号館はY字型の外観が斬新

地元の神社で安全祈願祭を行いました

新築工事における地鎮祭と同様に、改修工事を行う際も着工前に地元の神社において工事の無事を祈願します。
当日はマンションの修繕委員様および設計監理者様にも参列いただき、工事に向けて気持ちを引き締めました。

地元の神社で安全祈願祭を行いました

工事説明会の開催

居住者様への工事説明会を開催。
当日は145名の参加をいただき、工事の概要や作業の流れ、注意点などを説明させていただきました。

工事説明会の開催

全437戸のサッシの調査を開始

サッシは機密性・遮音性・断熱効果に優れた高機能の二重サッシに交換します。居住者様が生活しながらの“居ながら施工”のため、1日で工事を完了できるよう、既設の枠に新しいサッシをはめ込む「カバー工法」を採用しました。サッシの枠はコンクリートの経年変化でズレが生じ、それぞれサイズが異なるので、工事前に全戸を訪問して慎重にサイズを測り、交換工事に備えました。

全437戸のサッシの調査を開始

現場事務所の設置

これから約2年半に渡る工事の拠点となる現場事務所が敷地内に設置されました。

現場事務所の設置

今回の着工準備スケジュール

居住者様にも事前準備のご協力をお願いしてます

担当者の声

  • マンション大規模修繕
    01 大規模修繕の進め方
    • 修繕計画の立て方
    • 調査・設計
    • 工事説明会
    • 工事の進め方
    • アフターメンテナンス
    02 わたしたちの強み
    • 豊富な実績
    • 確かな品質と技術力
    • 京阪神を中心に密着したサービス
    • 神戸製鋼グループ
    03 工事実績
  • 給排水管改修工事
  • 建築・土木
    • 建築
    • 土木
  • 企業情報
    • 企業理念
    • 会社概要
    • 神戸製鋼グループ
    • 決算概況
  • よくあるご質問
  • お客様紹介制度
  • 給排水管改修工事ご紹介動画
  • WEB SMILE
  • 採用情報
  • 経営基本方針
  • コンプライアンス