マンション大規模修繕工事 足場の中では、どんな工事がおこなわれているの?

下地調査

改修工事前に、躯体(壁・床・天井)の劣化状況や弱い部分を調査し、補修方法や補修の有無を決定していく作業です。専門の担当者が調査用の道具を使い、音を聴き分けながら調査を行い、スプレー塗料等やマスキングテープ(紙テープ)等で補修箇所に印を付けていきます。印は工事が間違いなく行われるよう補修方法毎に違う色を使い、図面にも記録されます。

屋上調査

天井調査中/外壁調査中/天井の補修部分を示す印/外壁の補修部分を示す印

下地補修工事

下地調査で確認した躯体の劣化部分を補修する作業です。
大きな劣化部分を削り取ったり、ひび割れの深部まで補修が行き届くように堀り下げたり、さまざまな方法で劣化部分を補修していきます。

コンクリート部分が大きく破損している所/壁のひび割れ処理

シーリング工事

サッシやメーターボックス廻り、各階層のつなぎ目(打継目地)など、動きのある部分の多くにはシールが施されています。
シール材は弾力性と伸縮性が高く、動きに対して追従していく性質がありますが、経年とともに劣化や硬化によりその機能を果たせなくなってくるため、工事でその部分を取り除き、打替えや増し打ち作業を行います。

サッシ廻りシール施工中

高圧洗浄

エンジン式のポンプ(高圧洗浄機)で水道水を直接壁面等に噴射し、汚れを落としたり、塗装膜が弱い箇所を撤去したりする作業です。

高圧洗浄

塗装工事

下地補修の工事が完了した後に、塗料を塗る作業です。
塗装は外壁等をきれいにするだけでなく、コンクリートを保護し、建物を延命させる役割を担っています。
適材適所でさまざまな種類の塗装工法があり、仕上りや機能性も選択することができます。

塗装工事

タイル補修工事

タイル自体が割れている所は、タイルの張替作業を行います。タイルが浮いているなど、接着不良が起きてしまっているところは、タイルがはがれ落ちたりしないよう、さまざまな方法で補修作業を行います。

外観タイルの浮き補修

足場の内側はこんな状況ですよ。

担当者の声

  • マンション大規模修繕
    01 大規模修繕の進め方
    • 修繕計画の立て方
    • 調査・設計
    • 工事説明会
    • 工事の進め方
    • アフターメンテナンス
    02 わたしたちの強み
    • 豊富な実績
    • 確かな品質と技術力
    • 京阪神を中心に密着したサービス
    • 神戸製鋼グループ
    03 工事実績
  • 給排水管改修工事
  • 建築・土木
    • 建築
    • 土木
  • 企業情報
    • 企業理念
    • 会社概要
    • 神戸製鋼グループ
    • 決算概況
  • よくあるご質問
  • お客様紹介制度
  • 給排水管改修工事ご紹介動画
  • WEB SMILE
  • 採用情報
  • 経営基本方針
  • コンプライアンス
  • 個人情報の取り扱いについて