「外壁改修工事」の基礎知識

大規模で長期間の外壁改修工事。
実施にあたり、知っておきたい注意ポイントをご紹介します。

まずは信頼できる工事監理者をパートナーに

外壁改修工事は、建物がどれぐらい傷んでいるかを調べる「調査」、調査の結果をもとにどのような工事を行うか決める「設計」、そして「工事」の3段階に大きく分かれます。進め方としては、まず管理組合の中で修繕委員会を結成し、次に信頼できる工事監理者を選定します。工事監理者には、管理会社、設計会社の2つが考えられます。 

安全管理と品質管理で選ぶ工事会社

工事会社を選ぶ際に重視したいポイントは、「安全管理」と「品質管理」です。工事中は建物周りに足場を設置するため、事故や犯罪を防ぐ十分な安全管理が不可欠。工事会社によっては、足場に落下防止棚を設置するなどの安全対策、足場用の防犯扉や防犯センサーを設置する盗難保険への無料加入などの防犯対策を施すところもあります。
品質管理面では、工程ごとにきちんとしたチェック体制があるか、塗装・防水工事で塗布量を確認しているか、また工事排水や騒音、植栽保護、工事廃棄物の処理などの対策を施しているかどうかを確認しましょう。アフターサービス体制がしっかりしていることも大切です。

工事中の居住者の負担を軽減するサービスも

工事中、生活にどのような影響があるかは、別表のとおりです。工事前にバルコニーをある程度片付ける必要があり、居住者の負担となりがちですが、神鋼興産建設ではバルコニー内の物品片付けや移動、網戸の取外しや復旧、さらにはバルコニーの不用品処分を請け負うサービスを設けて負担軽減に努めています。
いずれも工事着手前に開かれる工事説明会で告知されるほか、工事中は掲示板やチラシによる告知も行われます。居住者と工事施工会社の間で緊密なコミュニケーションがとれていることが重要になります。

外壁工事の流れ

工事中のおもな生活制限(例)

  • マンション大規模修繕
    01 大規模修繕の進め方
    • 修繕計画の立て方
    • 調査・設計
    • 工事説明会
    • 工事の進め方
    • アフターメンテナンス
    02 わたしたちの強み
    • 豊富な実績
    • 確かな品質と技術力
    • 京阪神を中心に密着したサービス
    • 神戸製鋼グループ
    03 工事実績
  • 給排水管改修工事
  • 建築・土木
    • 建築
    • 土木
  • 企業情報
    • 企業理念
    • 会社概要
    • 神戸製鋼グループ
    • 決算概況
  • よくあるご質問
  • お客様紹介制度
  • 給排水管改修工事ご紹介動画
  • WEB SMILE
  • 採用情報
  • 経営基本方針
  • コンプライアンス